Archive for March 5th, 2009

4月から放送開始となる『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』の続報です。 まず新しいメインビジュアルです。 先日の情報になかったキャラクターが描かれています。ボスも登場するようですね。 さて気になる放送ですが4月4日(土)23:20からテレビ東京系6局(テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送)にて放送開始予定となりました。 そして今回の情報ではオープニング主題歌が発表されました! オープニング主題歌『感じてKnight』~ALTIMATE LAZY for MAZINGER 1981年に解散したLAZYが、奥田民生、斉藤和義、JAM Projectのサポートを受けここに復活。1980年に発売した『感じてナイト』を、すでに亡くなったLAZYのドラム樋口宗孝・ベース田中宏幸の生前のライブ音源を仕様し『感じてKnight』としてリメイクします。 この主題歌『感じてKnight』~ALTIMATE LAZY for MAZINGERは4月22日、ランティスより発売予定です。 キャストのみなさんのインタビューも届きましたのでお送りします。 ――演じてみて 兜甲児役・赤羽根健治さん とにもかくにも熱いキャラクターなので、自分は最初それについていけるのかとても不安でした。この作品は周りの方々、悪役とか他のキャラクターがとても立ってらっしゃるので、喰われないようにがんばらないといけないなと思い日々やらせていただいております。見所ですが、基本的に結構ギャーギャー言っているのですが、必殺技をぜひとも注目して頂ければと思います。 兜シロー役・藤村歩さん オーディションの時には、別のキャラで受けていて、終わった後、じゃあこれを受けてみてと言われて渡されたのが、シローの役の原稿で、私はこれまでこういう悪ガキみたいな男の子の役を演じるのは初めてだったので、えーっ!?って感じで受けたのですが、それが決まってしまった事で、それが自分の中ですごく挑戦というかすごく緊張の中で一生懸命男の子男の子というのを意識してやってきました。不安な部分もいっぱいあるのですが、すごくやっていて楽しいというか、ノリの良い子なので、結構シリアスな場面の中にもシローが出てくるシーンでちょっとコミカルになったり、ちょっとクスッと笑ってしまうような台詞や動きもすごいある子なので、そういう部分もすごく自分も楽しんで演じていたし、その辺が一服の清涼剤ではないんですが、観ている人にもちょっと違ったもう1つの真マジンガーの楽しみとしてシローくんが良いなと思ってくれると嬉しいです。 弓さやか役・本田陽子さん はじめ、さやかの役をもらった時に何かの間違いじゃないかと思うぐらい、初めてこういう強い女性をやらせていただくことになりまして、嬉しい反面、不安がすごく大きかったです。でも、この作品の中にはすごく悪い人だったり、強い人たちが本当にたくさん出てくる戦い、という話の中でヒロインという役どころなので、ちょっとそこは女性らしさも見せていかなくてはならないなと思いながら演じています。はじめの内はちょっと強い、ちょっときつい女の子なのかな、と思われると思いますが、だんだん甲児君との間に色々なものが芽生えてきた時にすごく女の子らしいところが見えてくるので、そちらの方も楽しみにして観ていただければと思います。 ドクター・ヘル役・岸野一彦さん 私も悪役をやるのは何十年やっていて初めてで、はじめのうち、1本目と2本目はギャーギャー声出してやっていたら監督に呼ばれまして、「君のやっているのは、課長か係長だ。君が演っている役は、その裏にいるもっとえらい役だから」と言われて、2本取り直しました。それで、今のキャラをどうにか出来たんですが、それが出来ているかは自分でも不安でしょうがない。前半はすごくしゃべっていたので、このまま最後まで保つかな、と思っていたが、今日のアフレコみたいに3言くらいだと、かえってまたその声が出るかどうか不安になるんですよ、逆に(笑)おかしなもんで。この全体戦の中ではあしゅら男爵とずいぶん戦ってらっしゃる中で、僕は戦っていないですが、戦っている裏には、いつもDr.ヘルがいるのをイメージしていただければと思って演じています。 あしゅら男爵(男)役・石飛幸治さん 僕はアニメの声優を演るのはこれが初めての作品なんです。普段は芝居、舞台の役者を演っていて、今回お話をいただいて、「え?あしゅら男爵!?」と思って、僕はタイムリーに観ている世代なので、でもそんなに出る役じゃないじゃないろうと思っていたら「あしゅら男爵を演っていただきます。」って、「えぇ~!?」と思って。あの役を自分がやるって。えっ?えっ?は?何かの間違いじゃないの?と思って。生まれて初めてのアニメの声優で、どういう風にやっていいのかわからなくて、女性は誰がやるんだろうと思っていましたら、よく吹き替えで観ていらっしゃる、あの山像かおりさんがやってくださるって聞いてビックリしました。山像には本当に助けていただいて、まずどういう風にやるのか、それが全然わからなかったんで。それを全部山像さんに教えてもらいつつ演って、昔は何気なく見ていたけど、あしゅら男爵って大変だったんだと思って、何気なく合わせているのかと思うんですが、この合わせるのが非常に大変でした。 あしゅら男爵(女)役・山象かおりさん 私はすごくいい加減なんで、割と細かい所まで全部とってくれているのは石飛さんなんで。でも、本当に何が大変かというとみんなに「漫才みたいだね」と言われるんですが、1本のマイクで同時にセリフを、同じ口なので、最初にも言われたのですごく覚えているのですが、息づかいも一緒じゃないと、ズレると違う口になるんで、と。だから、本当に台詞を言う前にこう、やりながら、いつも学校の勉強みたいに、お互い本番前にリハーサルテープをいただくんですが、現場にくると学校の勉強のように2人で、どこで息継ぎする?って言ったり、とセリフを言い合って。あと、笑いが1番大変なんですが、笑いだけは、「はははははっ」て合わないから、いつも石飛さんと手で「ははははははは」って(爆笑)って、あんまり多いと数え切れないんだけど。って、でもそれも本当に楽しくって。今までの、アタシ、あしゅら男爵って子供の頃は悪いものだけってイメージがあって、今回は悩み・苦しみそれこそドクター・ヘルにおびえ、色んな人におびえて、イジメられてとか本当に小市民みたいなところもあるし、後はすごい方ばっかりが悪役をやるので、悪代官がいっぱいって感じでやっています。 ――ファンに向けてのメッセージ 赤羽根さん とにかく、こういった僕のような新人から大ベテランまでキャストがとても豪華ですので、「マジンガー」を知っている方も、知らない方も、是非「真マジンガー」をよろしくお願い致します。キャスト一同、スタッフ一同、あの、僕が言うのも変なんですけど(笑)宜しくお願い致します。 『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』公式サイト:http://www.shin-mazinger.com/ (C)2009永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋 Traducción por Google: The true impact Mazinger! Chapter Z LAZY revival on television, […]


Desde el sábado 4 de abril, de 11:20PM – 11:50PM hora de Japón (GMT +9). Faltan 31 días, 744 horas, 44640 minutos, 2678400 segundos